平尾台に行ってきました。( 大平山〜貫山 )

5月2日(金)

晴天の中、兄貴と2人で

平尾台に行ってきました^^。

朝は・・・・

 

家を8時40分ごろに出発!!

一般道は、写真のようにガラガラでしたが、

高速道路は、連休中という事で、いつもの何倍も車が走っており、

軽自動車の私は、制限速度で、走行!!

実家に9時30分ごろ到着!!

兄と合流して、10時ごろ出発。

兄の車で、平尾台へGO!!


途中、コンビニで食料を購入し、

高速道を走り、小倉南ICで降り、

平尾台方面へ・・^^。



本当に、最高の天候で、気分もアップ ↑↑ ^^。

駐車場について、振り返ると、


 
なだらかな傾斜の山が見え、登っている人の姿も見えます。

早速、用意をし



それでは・・・



出発しましょうか!!



なんて、張り切ってた私ですが、

そういえば、最近、色々と他の事をして

山に登ってませんでしたね^^;;

その為、先程のなだらかな山に、

(結構傾斜があり、見た目以上にハード^^;;)

思った以上に苦しめられ、息が上がり気味・・・・

でも何とか、登り切り、

「ちょっと、休憩^^;;;;」

水分補給^^;;;

「いや〜〜今日は、暑いね〜」

すると兄から、

「食べるか??」 と 差し出され



早速「パクリ・・・」 

「 これ??なん??」と聞くと




「お〜〜ちんすこう・・・流石、準備いいね〜〜〜〜」と言いながら

美味しく頂きました。

そういえば、今日、歩くときに食べるもの・・・

飴とグミしか持ってきてない・・・甘い、クッキー系もって

来ようと思ってたのに・・・^^;;;

ここで、少し休憩し、

さあ〜〜行こうと



兄に先導してもらいます。

この平尾台、石灰岩の岩が沢山あり

その眺めは・・・



まるで羊の群れのよう・・・



その景色を楽しみながら



気持ちよく第一の目的地を目指します。

石灰岩の間を抜け、

「着いた〜〜〜どぉ〜〜〜^^ !!!!」



兄にカメラを渡し、「はい、バタ〜〜〜^^;;」と、

「パシャリ!!・・・・」

「あっ ・・・ 手で看板が隠れてたね^^;;

では、もう一枚^^;;」



「 はい、 スライスチ〜〜〜ズ ^^ 」っと、

無事に、大平山  到着 !!

ここからの眺めは・・・





こんな感じです。

(山の稜線を考慮して、皆様の頭の中で合成してください^^;;)

 


きれいな眺めに、兄も写真撮ってました^^。

そこから、一旦下り、「茶ヶ床園地」の方へ下り、

振り返ると、



綺麗な青空をバックに、山々の美しさに

目を奪われてしまい、しばし見とれていました^^。




平尾台には、若いころ何度もきた事ありますが、

こんなに、じっくりと見たことはありませんでした。




兄も写メを、息子に送ってました。

そんな気持ちよい景色に出会える山歩きは

「最高だ〜〜〜!!」と思いました。

でも、この後、自然の凄さを感じることが・・・。

実は、この写メを撮った直ぐ後から、

最終目的地「 貫山 」に向かう為に、

折り返す感じで、山の稜線に出たのですが、

突如、突風に見舞われ、

「これが、先ほどまでの場所か??」と思うほどの強風・・・・・。

平地なら、時折、風が弱まるので、

その感覚でタイミングを待つも、

まるでスイッチが壊れた掃除機のように、

強風がず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと

私たちに襲い掛かります。

少しずつ進むも、帽子が飛ばされそうなので、2人で協力して

お互いの帽子を、ザックへ入れ、

再度、慎重に進みました。

こういう時、皆さんは一体何を考えますか??

私は何故か??

「あ〜〜〜こんな強風が、もしずっと続くんなら、

せっかく持ってきた自慢の珈琲セットを披露できないじゃないか!!

その前に、昼飯・・・食えるかな??コンビニでおにぎり5個も

買ってきたのに・・・。

風下側の斜面に回れば、おにぎり食えても、

珈琲は無理かあ??」なんて。

でも、ホントに凄い強風で驚きました。

一歩一歩、気を付けながら・・・

でも、その強風区間を過ぎるとまるで嘘の様に、穏やか・・・・。

自然を凄さを感じた場面でした。

その後、順調に進み、「貫山」のふもとへ。


すると、山頂から降りてきた、結構お年のグル〜プが・・。

挨拶を交わし、休憩していると、後ろの方で声が・・・

先程すれ違った女性の方のお一人が、登山道を踏み外したようで

でも大事には至らず、一安心。

山は、油断大敵、車一台が余裕で通れる幅の道なので

きっとよそ見をされていたんだと思います。

さあ〜山頂へ^^。



「ここを登りきれば、山頂だよ。」という兄の言葉に

「あと、もうちょっと・・・・だけど・・・


この傾斜・・・相変わらず、凄いね〜〜^^;;

むか〜〜し、ここに来たことあったけど、

こんなに傾斜あったけ??」

と思うも、山が変わるはずもなく、私の記憶が・・・

ままよ・・・・と登り始めました。

兄は、昨年末より、本格登山を始め、小まめに山に登っており

その反面、私は、山登りを奥さんと一緒に始めるも

子供が生まれ、その後から、いつも山には一人・・・

こうなると、中々行く機会が減り「よしっ!!」と思うのは

テレビで「 絶景 百名山 」等の番組を見たあと

もしくは、季刊誌「 のぼろ 」や月刊誌「山と渓谷」

などなど、書店から購入した時など・・・

あはは・・ちょっとサボタージュ状態なわけで・・・

兄に途中、何度も「待って〜〜〜!!」と言いながら、

どうにか

頂上に・・・


到着!!

早速カメラで、記念撮影^^。

余裕を装ってますが、足には乳酸が貯まって

いるんだなぁ〜〜〜状態^^;;。

乳酸・・・乳酸・・・乳酸菌??

乳酸菌といえばカルピス・・・

小さなころ、少し濃いめに作り

途中、何度も水を入れ足し何度も

楽しんでいました^^;;;。

って話は、関係ない!!

頂上は、風も殆どなく・・・



警察関係者が、沢山いました^^???

どうやら、機動隊の方たちの新人歓迎&救急蘇生講習会&お鍋会??

私たちが食事を始める頃には、綺麗に清掃され下山されていました。

ご苦労様です^^!!

私たちは、それぞれかったおにぎりをパクつき・・・・

私は5個・・・ペロリ完食!!

そして、いよいよ珈琲タイム・・・。

先ずは、家でキチンとグラム数を測ってきた豆を

ミルに入れ、豆を挽くのですが・・・

小分けしたビニールからミルに

ソロリ…ソロリ…と入れていると、

不安定な場所に置いていたミルが倒れ

豆が地面に・・・・・。

兄からは

「 やると思った〜〜よ(笑)」と言われ・・・・。

丁寧に、一粒一粒拾いました。

何せ、グラム管理して持ってきた豆ですからね!!

兄に

「地面に豆落ちたけど、大丈夫やろ??」と聞くと

「大丈夫やけど、お前、山登りって出来るだけ

荷物を軽くせないかんやろ?

豆を家で挽いて持って来れば??(笑)」と痛いとこつかれ・・・

でも

「ここで、挽いた方が、新鮮で、香りが良いちゃんね〜〜」と

負け惜しみ・・・いやいや・・・せっかく携帯用のミルを

買ってるし、結構みんな、(いいね〜〜味があるね〜〜)

って言ってくれるし・・

次回からは・・・イヤイヤ、

何が何でも、山頂で豆を挽く事が大切なんです。

そうこうしながら、



セット完了〜〜〜^^。

兄に、「これから、沸かし、ポコポコなりだして15分弱火で

じっくりと味を出すのが、一番おいしいとよ。

家で、何度も実験して割り出したけん、大丈夫!!

グラム管理された豆と火加減・・・これが大事やんね〜〜」

と、珈琲通の兄に



言ったところ

笑いながら

「グラム管理された豆はいいけど、水の量は??」と聞かれ・・・・

「・・えっと・・・大体この線の1cmくらい下に、決めてるちゃんね〜〜^^;;」

で、珈琲が出来るまで


景色を見ながら

待つ事15分・・・。

お味は

「 美味しいよ。 」との事^^。

良かったです^^V。

ここで、ゆっくりして、

下山開始。



途中、見事な景色を楽しみつつ

行きとは違うルートで下山。

すると・・・

結構、スリリングな下りが出現!!

遠くから見るのとは大違い・・・。

慎重に降りて・・・振り返ると

この斜度^^;;


写真でうまく伝わるかな??

でも、↓こうやってみると



そんなに

無いように見えるでしょ??

そう思う方は・・・ぜひ下ってください^^;;;;


それから

登って、下ってを繰り返し



無事に下山。

それから冷たいコ〜〜ラを飲みながら

実家へ帰宅。

実家では・・・



見事な

さくらんぼ・・・

ほとんど、兄に取ってもらい、

私は、脚立を下で支え、時折、つまみ食いをしながら

「いいお土産が、出来た〜〜〜^^」

と、奥さんにメ〜〜ル^^。

そして、風呂に入って、夕飯を頂き

野菜も貰って


高速道路を帰りましたとさ^^。

でも、やっぱ山登り楽しい〜〜〜^^

又行こうね〜〜〜〜。




 
  • 2017.10.05 Thursday
  • 13:41
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://asmallstone.jugem.jp/trackback/257
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.