太陽の下で〜small stone

フライフィッシングと自転車とツーリングの日々
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 九重〜阿蘇 雲海を求めて〜 | main | 九重〜阿蘇 雲海を求めて〜 中編  夢見る丘を探して ^^ >>

九重〜阿蘇 雲海を求めて〜 前編^^

 今回11月の12~14日の二泊三日の予定で九重~阿蘇方面へソロキャンプに行ってきました。

今回の旅は「shibainu14」さんの一枚の写真を見たのがきっかけとなりました。

この風景をぜひ自身の目で見て・・写真に撮りたい・・

そしてこの「九重〜阿蘇 雲海を求めて〜」計画がスタ〜トしたわけです。

事前に「shaibainu14」さんのブログをファイルにし

その場に立てることだけを夢見ての出発となりました。

12日は本当は休みにしたかったのですが仕事の都合でしっかりと17時半まで勤務です。

(15時過ぎからは中々仕事が手につかず・・・内心「電話はカンベンしてくれ^^;;」と祈りながら

デスクに座ってました^^;;)

友人からも炊き火台をかりて寒さ対策も万全のハズ^^;;;(自然はもっと凄かったのですが・・・)

退社時間になり急いで自宅へ・・

仕事を終え自宅へ・・・急がなきゃ^^;;

本日は一気に大分県玖珠郡九重町飯田高原にある

九重山麓 風の丘キャンプ場」さんに宿泊する

予定です。

前日にお電話で予約を入れ「20時にはいけると思います。」と伝えてましたが・・・・

荷物を積み込んだ時点で・・・・ナント・・・19時^^;;;;;;

沢山の荷物だ〜〜

いかん!!直ぐに電話をし「21時過ぎになると思いますが・・・」

と恐る恐る伝えると

「いいですよ、こちらは大丈夫ですから気をつけてきてください。」と優しくいってくださり

内心ホッとしました。

今更宿泊地は探せませんし明日の為にもぜひ今日中に距離を稼いでおきたいのです。

先ず燃料を満タンにし・・

気持ちはあせるも・・・

出発〜〜〜〜!!

都市高速に乗り大宰府インタ〜から高速道路へ・・・・

大分自動車道にのり玖珠インタ〜を目指します。

「なぜ??九重もしくは由布院インタ~なのでは・・・」と思いますが・・・

私の性格上ガソリンは常に満タンに近い状態でいないと心配^^;;なのと

事前に購入していた単一の電池を職場に忘れたからです^^;;

この電池は「コールマン」の電池ランタンに必要なのです。

今晩のキャンプ場では暗い中の設営になりますから・・・

途中のSAで購入すればいいや・・と安易に考えておりましたが立ち寄るSAには

置いてなかったり又、売り切れたり^^;;;

それで仕方なく玖珠インタ〜で降りることとなった訳です。

途中のSAであまりの寒さに合羽を中に着込みました^^;;;;;。

サービスエリアにて・・・合羽を着用・・・寒い^^;;;;;;

体がドンドン冷えていきます。

こりゃ〜早くキャンプ場に到着して「焚き火だ〜〜〜〜!!!」と・・・

先を急ぎます。

インターを降り無事に電池を購入しガソリンは・・・明日入れることにしました。

(予定のガソリンスタンドが早くも閉まってましたんで^^;;)

地図を思い出しながらキャンプ場を目指します。

ここで・・・・記憶とはなんとも当てにならないものです。

大きな道から入り込むまでの道はしっかりと記憶しているのですが・・・

その先の入り口の目印をどう考えても思い出せません。

その「地図」はコチラ

迷って迷って・・・ここだろう・・・と思い細い道を登っていくも最後には鎖が・・・

「ここじゃない^^;;」

携帯のつながる麓まで降りて本日二回目のお電話を・・・

上り口を教えていただき無事到着できました。

いつもの「キャンプ場だから何かしら看板があるだろう」という思い込みは

いけませんね〜〜。

キャンプ場のオ〜ナ〜の方にご挨拶をし早速テント設営に入ります。

この日は月の明かりもあり非常に明るく助かりました。

満月・・・そういえば「shinainu14」さんのあの写真も満月の夜だったな〜

などと思い出しながら・・・

無事設営完了。

先ずシェラで火をおこします。


シェラで〜〜やっぱ頼りになります。こいつは^^

ファンを全開で回し点火すると見る見る炎が立ち上がります。

本当に頼りになるスト〜ブですね。

ここで火をつけた炭で

炊き火台にも点火・・・

焚き火台にも点火・・・

早速、第一日目の宴の開始です。

火が点くと安心します^^。

焚き火ってあったか〜〜い^^

貰った薪もいい感じです。

暖かさが体に伝わってきますね〜^^v

これのおかげで^^

先ずご飯を炊いて

ご飯をシェラスト〜ブで・・・

本日のおかずは

「魔法の鉄板で焼肉」と「モヤシ・豆腐&厚揚げたっぷり味噌汁」とビ〜ルで乾杯!!

寒さとお腹が減っていたので写真は・・・・撮り忘れ^^;;

お腹一杯になった後で気がつきました。

そして食後は定番のコ〜ヒ〜を頂きながら・・・・

食後のお楽しみ・・・

パチパチと良い音が・・・

焚き火を楽しみます^^。

周囲は全くの静寂・・・時折聞こえてくる牛の鳴き声が聞こえるくらいのものです。

パチパチと焚き火の音が一日の疲れを癒してくれます。

明日への期待を膨らませながらまだ見ぬ丘に思いを馳せながら

シュラフの中で眠りにつきました。・・・

そしてふと目が覚めテントより起き出してみますと

おきてみると満月です・・・もしや^^

見事な満月・・・月の明かりってこんなに明るいんだ〜と改めて感じました。

そういえば毎日の中で夜空を見上げる事なんて皆無ですね。

そして麓の方を見てみますと・・・

すると目の前には・・・

おお〜〜雲海です^^。

きれいですね〜感動しました。

一日目から見れるなんて・・・

きれいですね〜〜^^

明日への期待も膨らみます。

色々とカメラの設定を変え写真を撮りました。

でも中々^^;;難しいですね〜〜。

今回フィルムカメラの「canon AE−1」も持って行ってましたので

何枚もシャッターを切りました。

こんな夜中の撮影は初めてなので色々設定を変えながら激写!!しました。

気分だけはプロカメラマンです^^;;

一眼のフィルム巻き上げて押すシャッタ〜の音はなんだかそんな気分にさせます。

ついつい「こりゃ〜いいな〜うんうん」なんて言葉も出るくらい・・・きっと未だ酔いが残って

いたのでしょう^^;;;;

さて出来上がりはどんなのでしょうか??

帰ってからのお楽しみですね^^。

寒さで体が冷えてきたのでシュラフにもぐりこみ再び眠りにつきました。

翌日

11月13日の朝は鳥のさえずりで目が覚めました。

外はうっすらと明るくなって・・・・

テントから出てみると目の前には・・・

雲海が・・・・^^

雲海が広がります。

ī??

寒さも忘れカメラに風景を収めました。

徐々に・・・

徐々に雲海も引いていき

ひいていきます^^

朝日が顔を出してきます。

もう直ぐ朝日が・・・

そして先ほどから足元からサクサクと・・・

サクサクと・・・

いちめん霜柱で一杯です。

ī??ä?

そして沢山の朝露も降りています。

今回お世話になったキャンプ場は・・・

お世話になったキャンプ場^^

キャンプ場風景。

ロッジもあります。

こんな感じで自然の風景が沢山です。

木々は見事に色づき季節の移り変わりを教えてくれます。

静かだし見晴らしも最高です。

朝、オ〜ナ〜の方とお話させていただいたのですが

キャンプサイトに関しては今年はあと少しで閉めるそうです。

寒くなると水が凍りその確保が困難になるからとの事。

今シ〜ズンは無理でしょうが来シーズンは再度利用したいと思いました。

今回のわが基地は少し奥まったテントサイトに・・・

わが基地は・・^^;;荷物の山です・・・

荷物が沢山ありますね〜^^;;

昨日大活躍した焚き火台です。

昨日の宴を盛り上げてくれた・・・

そしてタ〜プはこんな感じで張りました。

ペンタ君・・・大活躍^^


こうすればテントも問題なく・・・

そして朝ごはんの用意をシェラでしながら・・・

シェラで朝ごはん・・

隣では・・・

そして朝から焚き火を・・・

焚き火をします。

寒いですからね^^。

??

味噌汁もしっかりと作ります。

本日の朝ごはん^^

本日の朝食です。

いただきま〜〜す^^。

とても落ち着けるキャンプ場でしたv^^v

居心地が良くて食後のコ〜ヒ〜を飲みながらまったりとした時間を過ごしました。

Ķ?

そして少しずつ片づけを始めます。

沢山の荷物をバックに詰め出発の準備ができたのが11時^^;;

ゆっくりしすぎましたが・・この気持ちわかりますよねえ^^

オ〜ナ〜ご夫妻に見送られながら出発です。

さあ〜今日は阿蘇の見える丘を探して走る予定です。

期待と不安を入り混ぜさせながらの出発となりました。

続く・・・・・・^^



キャンプ | permalink | comments(9) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

なんと12日は通常通りの仕事を終えてから
出撃したのですね!やりますねぇ〜!

寒かったでしょ!?
でもその方が焚き火の有り難さが身に染みて
解りますよねぇ。吐く息が白く焚き火にあたるって、最高です!

続編もたのしみ〜!
並のお風呂屋 | 2008/11/16 11:48 PM
おぉ!良い!良すぎです!

仕事が終わってバタバタいかれたんでしょうけど、
感動が此方にも伝わってきました。

焚き火のありがたみ・・・
うぅ〜〜ん、キャンプしたい!
半クラ! | 2008/11/17 9:11 AM
並のお風呂屋さん、おはようございます^^

12日、休めればもっとゆっくりできたのでしょうが仕事に影響しない範囲で楽しまないと・・・ねえ^^

焚き火は本当に良いものですね。
暖かいし・・マニアにはたまりません^^
それに寒さも自然ですから^^
なかなか寒さをあんなに感じることは最近ありませんでしたよ。

二日目はもっと^^;;・・・
small stone | 2008/11/17 9:54 AM
半クラさん、おはようございます^^

バタバタの出発でしたが一日目からキャンプを楽しめたので良かったです。
二日の休みを有効に使うにはこの手しかありませんでした。

焚き火はホント楽しいですよ。
焚き火台と鉈もほしくなりました。^^

皆で焚き火しましょう^^
small stone | 2008/11/17 9:58 AM
お仕事を終えてキャンプ場へ向かわれたのですね・・・寒かったことでしょう(+_+)
でも、きちんと自炊して焚き火までされているのは凄いです。
私なんか、コッヘルもストーブも、焚き火台も持って行きませんでしたから・・・(笑)

プリントして持って行っていただいたことは、とても嬉しいです。
肝心な場所が書いてなくて、いろいろとご苦労もあったかも知れません。
でも、なぜ書かなかったか、旅を終えられたときにはきっと、その意味を分かっていただけたのではないかと思います。
続きも楽しみに待っています(^^)
shibainu14 | 2008/11/17 7:53 PM
shibainu14 さん、こんばんは^^

今回目指す丘に立ったときの嬉しさは格別でした。
道もわからず場所もわからず・・・
shibainu14さんの見つけられた丘とは違いますが自分なりに悩んで丘を見つけれたことは本当に嬉しかったです。
今回一番の収穫はバイクを使ってこういう楽しみ方があるというのを体験できたことです。
野宿も初体験でした。
これからのバイクライフが又新しい方向に・・・・。
shibainu14さんのような旅を旅を私もしたいですね。
small stone | 2008/11/19 12:07 AM
なるほどぉ

ってかAE−1って
自分が生まれる前のカメラ。。。
これだけでなにか相当なこだわりがあるように感じました。

自分ももっと勉強しないといけないです^^;

後、きちんとした焚き火台を購入しようと思っているのですけど、
今回使われていた、焚き火台のサイズってわかりませんでしょうか。
ぽよよん | 2008/11/19 1:48 AM
ぽよよんさん、こんばんは^^

今回のはスノ〜ピ〜クのサイズはMの分です。
友人のを借りていきました。
バイク用には少し大きいのでSがお勧め!!

私も早速S・・・・買います^^
これからは焚き火マニア待望の季節ですからね。
これ・・・まじ楽しいです^^。
small stone | 2008/11/19 8:19 PM
非常に参考になりました!!

が。。。

山遊び用にナタとか色々買って資金難になったので
ピラミッドグリルM買いました(笑)
ぽよよん | 2008/11/21 9:01 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://asmallstone.jugem.jp/trackback/93
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2008/11/16 11:15 PM